サンパーソナルタイムズ

【 2015年1月 】のエントリーを表示

症例報告内臓の疲れ

2015年
1月29日

胃部膨満感

<患者>  40代  男性

<主訴>  食後にとにかく胃が張る

<所見>  2ヶ月程前から特に思い当たる原因もなく、
      食べる量も多くないのに
      食後に胃がとにかく張るようになってきた。
      仕事中も気になって集中できないために近隣病院に
      検査に行くも特に異常がなく、胃薬を処方され服用している。
      痛みはなく、張り感のみ。食後3時間ほど経ってもまだ張りが
      残っているため、運動(散歩)するようになった。
      胃薬を飲んでもほとんど改善されないため、
      鍼灸でなんとかならないかと来院された。

      痛みはなく張り感のみ。
      その他の症状:眼精疲労・目の乾き・気分の落ち込み
      排便:1回/日 多いときで2回/日
      食欲:あり。
      圧痛部:巨闕・中脘・天枢
      脈:弦  

<治療>  所見から「肝脾不和証」として鍼灸治療を行いました。
      東洋医学で肝は「疏泄を主る」と言われ、血の流れや気の流れを
      主どっており、脾は主に消化器全般で現されることがあります。
      脾は「運化を主る」と言われ、体内に入った
      食べ物や水分を全身に巡らせる働きがあります。
      そして「肝」と「脾」の関係はすごく深く繋がっており、
      その分、影響しやすくなってしまいます。
      そのため、どちらか1つでも機能が低下すると、
      「肝」と「脾」は同時に機能が失調しやすい性質があります。

      今回の患者さんは「胃部の張り感」ということで、
      消化器の症状で「脾」、随伴症状が「肝」の症状ということで
      まさしくこの2つの機能の失調が起きて
      症状が出てきた症例となりました。

      この患者さんは5回目の治療を終えて
      食後の張り感は少し出るものの、胃薬を飲まなくても
      運動のみでコントロールできるようになり、
      7回目の治療を終えた時には、目薬がかかせなかった
      眼精疲労や目の乾きも気にならなくなり、目薬をさしていない日が
      続いているし、鍼灸をすると気分がスッキリする!
      との嬉しいお声をいただきました。

      東洋医学は内臓からくる症状も対応することができます。
      お悩みの方は是非1度ご相談ください。

                      内臓の疲れ・婦人科のお悩み等
                     箕面 サンパーソナル治療院
                     お気軽にご相談下さい。
Pocket

症例報告足と腰の疲れ

2015年
1月28日

ギックリ腰

<患者> 30代 男性

<主訴> 急性腰痛

<所見> 仕事で荷物を持ち上げた際に痛みが出た。
     以前より、腰痛はあったが今回のような痛みは
     初めてとの事。
     疼痛回避姿勢になっており、真っ直ぐ立つ事は出来ない。
     横向きに寝るのが一番楽であったので、側臥位にて検査。
     痛みにより、腹部の過緊張、呼吸の乱れ、歩行、関節機能
     低下など様々な症状が出ていた。
     
<施術> まずは、頑張って歩いて来られたので呼吸を整える。
     痛みにより、非常に呼吸も浅く早くなっているので
     脱力して呼吸の調整し、胸郭の動きを改善。
     側臥位なので、動きは少し出にくいですが。
     その後、股関節の動きと腹圧を調整して動きが出るように
     なってきたので動作チェック。
     痛みは残るものの、動きやすくなり歩くのが困難でなくなった。
     帰りは、スムーズに歩いて帰られました。
     今回の症例においては、一過性に起きたものでなく冷えや疲労、
     姿勢不良、睡眠等様々な要素が重なり起きたものだと考える。
     たまたま、その動作が発生機序にはなったが。


                        腰痛・肩こり・関節痛等
                     箕面 サンパーソナル治療院
                          お気軽にご相談下さい。
Pocket

婦人科系の症状症例報告内臓の疲れ

2015年
1月23日

生理痛

<患者>  20代  女性 事務職

<主訴>  生理痛(下腹部痛・腰痛・頭痛・胃部不快感)

<所見>  18歳頃から生理痛が気になりだした。
      生理痛が起きた当初は下腹部痛のみであったが、
      徐々に腰痛・頭痛・胃部不快感が強くなり、
      月によっては起き上がれなくなる時がある。
      病院に受診し、検査するも異常なし。
      鍼灸がよく効くと友人から聞いて来院。

      初経:11歳
      月経周期:約30日
      月経期間:5日程
      経血量:1日目・2日目の量が多いが過剰であるわけではない。
      不正出血:なし

      脈:沈  舌:舌下静脈怒張 
      胃部に冷感・拒按

<治療>  胃部の冷え 及び 瘀血の治療として鍼灸治療を施行。
      東洋医学で「瘀血」というのは血の滞りのことを指します。
      月経の際には血が子宮付近に集まるため、
      肝の疏泄作用(血を全身に巡らせる働き)が滞りやすくなります。
      なおかつ、事務職で座りっぱなしの状況・冷えが強くでていては、
      より血が滞りを起こしやすくなり、月経痛がでていました。
      
      今回この患者さんには腹部を冷えないように意識づけを
      することと、自宅にて「太衝」というツボに
      指で軽く刺激を与えてもらうようにしました。
      ここは肝の疏泄作用を高めてくれるツボであり、
      気分を落ち着かせるツボでもあるため
      女性にはぴったりかもしれませんね^^
      このツボ刺激は生理痛がでた時だけではなく、
      普段から指で軽く刺激を与えてあげることで効果が発揮されます!
      簡単にできちゃいますので、生理痛でお困りの方は
      ぜひ試してみてください^^

                           内臓の疲れ・婦人科のお悩み等
                箕面 サンパーソナル治療院
                            お気軽にご相談ください。
Pocket

お知らせ

2015年
1月23日

交通事故治療について

交通事故治療について

当院では、交通事故による治療も行っております。
当院の治療は、交通事故の保険が使えます。
むち打ち・腰痛・骨折・打撲など交通事故による患者さんが来院されています。
交通事故治療でもっとも大切なことは「早期の治療」です。
最初は軽い怪我だと思っても、後日に痛みが出ることもあります。
後遺症など残さないためにも、事故に遭った場合は速やかに医療機関にて検査を受けましょう。
交通事故の場合、急激な衝撃により患部の他にも筋バランスが崩れる事がよくみられます。
当院では局部への治療、また全身調整といった患部だけにとらわれない治療を
行っておりますので、事故の症状でお悩みの方は一度ご相談下さい。
また、現在治療中の方も当院への変更や併用通院も可能です。
保険会社さんの連絡先を教えていただければ当院担当者が治療交渉をいたします。
事故をすると肉体的苦痛の他にも精神的な痛みを強いられることが
多々みられますが、当院では患者さんの立場よりフォローアップして参ります。
心と体の傷が癒えるまで当院にお任せ下さい。
Pocket

症例報告小児はり

2015年
1月22日

小児はり 夜泣き

<患者> 1歳 男の子

<主訴> 疳虫(夜泣き)

<所見> 夜、寝付きが悪く寝てもぐっすり寝てくれない事が多い。 
     起きたら、泣き続けてなかなか寝てくれない。
     昼寝は適度にする。機嫌を損ねる事が多く物を投げる。
     眉間に青スジ、腹部膨満。
     少し目に力がないかな〜。

<治療・指導>
     刺激量は軽めに小児はり(長刀鍼・ローラー鍼)を使用。
     子供に警戒心が少しあったので、遊びながら治療にかかる。
     気が少し上がっている子なので、ママに抱っこしてもらい
     ながら行います。
     始まれば、おとなしく治療を受けてくれました。
     しばらく継続して治療を行う予定です。
     子供の症状において、ママのスキンシップが少ない事も
     大きな原因の一つにはなってきます。
     子供は、ママのスキンタッチが大好きなので!
     今回は、お母さんも思い当たる事が少しあったようでした。
     子供の悩み、ママの悩みそれぞれあるので、いい加減な事は
     言えませんが少しでも話して、何かの気付きになる事が一つの
     解決策かもしれませんね。


   小児はりは、症状に対してだけでなく元気な病気のしない子になる!
   と、いう目的にも効果的です。
                     
            箕面   小児はり   サンスマイルプロジェクト
                       〜子育てママを応援します〜
Pocket

サンパーソナル治療院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.072-720-3838

お問い合わせフォーム

受付時間表

HOME当院について治療コース&料金ご利用者の声アクセスよくある質問お問い合わせFacebookサンパーソナルタイムズ

小児はりみのおママの学校
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府箕面市(千里中央)にある、痛みを徹底的に改善する鍼灸整骨院。

〒562-0012 大阪府箕面市白島2丁目28番2号メイプル白島
TEL:072-720-3838