サンパーソナルタイムズ

【 2015年6月 】のエントリーを表示

心の疲れ首・肩・腕・背中の疲れ症例報告内臓の疲れ

2015年
6月24日

手のしびれ

<患者> 20代 女性

<主訴> 肩こり 両手のしびれ 

<所見> 3ヶ月前から、肩こりが強くなり徐々に手のしびれを
     感じるようになってきた。
     整体やマッサージに行ったが施術後に症状がいつも悪化
     するとのこと。とにかくしびれと肩こりを改善したいと
     当院に来院。

<施術> 各検査を行う。肋鎖症候群の検査で陽性。ただ、これは結果。
     呼吸の乱れ、胸郭の状態・動きの低下、前腕の動きの制限など
     様々な部分での機能低下が見られます。
     症状の改善はもちろんですが、話を聞いて、原因を探っていく。
     症状の奥には様々な原因があるので、症状にフォーカス
     せずに原因追求に力をいれます。
     
     呼吸改善、前腕、胸郭、鎖骨、足首へのアプローチを行う。
     しびれに関しては、2回目の治療後消失した。
     ご本人の治療に対する行動や、改善したい想いも強いので
     より効果が高かったと思う。
     呼吸の乱れや胸郭の問題には自律神経の影響も大きい。
     人間の治そうとする力の方向性が定まれば改善を早める。
     今後の、体の改善点等を指導しつつ治療を行っていく。
     
                   肩こり・しびれ・関節痛等
                  箕面 サンパーソナル治療院
                    お気軽にご相談下さい。
Pocket

足と腰の疲れご利用者の声

2015年
6月24日

患者さまからの声をご紹介します

■はじめて来院されたきっかけは?
知人の紹介

■どんなことでお悩みでしたか?
麻痺した下半身のケア

はじめて治療を受けられる前の期待や不安は?
初めてのことなので不安を少しありました


実際に治療を受けてみてどうでしたか?
本当に体の調子が良くなりました

先生に励まされて少しずつ麻痺した下半身が良くなっています
これからが楽しみです

来院を考えている方にメッセージを送るとしたら?
実際に治療を受けられたら施術のレベルの高さが体感できると思います



濱田伸二様 [鍼灸整体治療]
Pocket

首・肩・腕・背中の疲れご利用者の声

2015年
6月17日

患者さまからの声をご紹介します

■はじめて来院されたきっかけは?
左薬指がバネ指で困ってた。

■どんなことでお悩みでしたか?
指が曲がらず痛みがあった。
長年抜けなかった指輪を抜いてもらえて感動!

■はじめて治療を受けられる前の期待や不安は?
鍼治療ははじめてだったので痛くはないか不安だった。

■実際に治療を受けてみてどうでしたか?
痛みはなくリラックスして治療を受けることができた。

■来院を考えている方にメッセージを送るとしたら?
体を動かしてもらうことは、思っていた以上に気持ちよくスッキリします。



N・H様 [鍼灸整体治療 ]






 

Pocket

症状辞典

2015年
6月9日

四十肩 五十肩

四十肩・五十肩は名前のとおり、40歳代、50歳代に多く発症します。
腕を挙げると痛みがあり、その痛みや関節の機能異常のため動きの
制限がでてきます。肩関節は上腕骨、肩甲骨、鎖骨の3つの骨で支えられ、
肩を大きく動かす必要があるために、構造的に不安定なところを
靭帯や筋肉が強度を高めています。
筋肉による痛みは筋肉の損傷や血行不良などにより起こりますが、
四十肩・五十肩は肩の関節に炎症が起こり、組織の癒着などが原因となって
起こります。そのため、医学的には「肩関節周囲炎」といわれます。

四十肩 五十肩は治療をしなくても痛みが無くなるケースもありますが、
1年前後痛みが続くことも多く見られます。
また、放置しておくと肩の運動障害は完全には戻りませんので、
適切な治療が必要になります。

・四十肩・五十肩の症状
主に肩をあげるときにズキッと痛む、肩があげられない
といった症状ですが段階により症状が変わってきます。
基本的には急性期→慢性期→回復期といった順序で移行していきます。
急性期は炎症が強い為、痛みが非常に強い時期となります。
慢性期にはいると、炎症は治まり痛みも少しずつ改善します。 動きがなければ、
痛みは強く出ませんが、範囲以上の動きに対しては痛みが発症します。
その為、運動制限がかかり周囲の筋肉などが非常に緊張してしまいます。
回復期に入ると、可動域・痛みの軽減がみられますが運動制限が残ることが多い。

治療
急性期では炎症が起きているため、炎症を抑えることが一番の目的になります。
そのため、過剰に肩を動かすような治療は控え、体全体のバランス・循環を
改善していくことが大切です。
時期のより、肩の拘縮・癒着(組織が固まったり、くっ付いている状態)が起きます。
その結果、運動制限が起こるので、拘縮・癒着をとるために積極的に動かすことが
必要なことがあります。四十肩・五十肩の改善には時間がかかります。
根気よく治療を重ねることが大切になります。
早い段階での治療をお勧めします。
Pocket

サンパーソナル治療院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.072-720-3838

お問い合わせフォーム

受付時間表

HOME当院について治療コース&料金ご利用者の声アクセスよくある質問お問い合わせFacebookサンパーソナルタイムズ

小児はりみのおママの学校
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府箕面市(千里中央)にある、痛みを徹底的に改善する鍼灸整骨院。

〒562-0012 大阪府箕面市白島2丁目28番2号メイプル白島
TEL:072-720-3838