サンパーソナルタイムズ

  • ホーム
  • サンパーソナルタイムズ
婦人科系の症状症例報告内臓の疲れ

2015年
1月8日

冷え・月経不順・アトピー性皮膚炎  No.2

<患者>  30代  女性

<主訴>  #1 冷え
      #2 月経不順
      #3 アトピー性皮膚炎

<治療3回目の所見>  
      12月25日にあげた記事の経過報告。

      #1 鍼灸治療を受ける前までは
         体の内側から冷えるような感覚が常にあったが
         現在、冷えは自覚しているものの
         体の内側から冷えるような感覚には
         ならなくなっている。

      #2 前回時の月経より2ヶ月程経とうとしているが
         現在も月経前に起こる「胸の張り感」は
         感じてはいない。

      #3 肘の痒みはほとんどなくなり、
         前回、痂皮があった場所も消失していた。
         就寝中に無意識で掻いていた前頚部も
         赤みが消失し、わずかに痂皮が残っている状態に
         落ち着いている。
         引き続き自宅でティースプーンでの
         セルフケアを継続してもらい、経過観察。

      鍼灸治療を3回行った結果、
      この様な経過をたどることができた。
      今回、脈の状態が前回と違い、
      脈に抵抗感を感じることができた。脈の抵抗感は
      脈を押した時に感じるもので、この患者さんは初診時、
      抵抗感がほとんど感じられなかった。
      この変化は脈の中に流れている気や血の量が多くなったためで、
      簡単に言うと体が前回の状態よりも元気になっていることを
      意味しています。
      そしてアトピー性皮膚炎の経過が良かったのは、
      ローラー鍼で皮膚に影響を与える経絡に刺激を与えたことで
      痒みが落ち着き、何よりも患者さんが積極的に自宅でセルフケアを
      続けてくれたことがここまでの結果が出たのだと思います。
      また、月経不順においては少し治療期間が必要です。
      月経の異常がある中でも、確実に体が変化していることを
      患者さんも感じておられるので、今後の経過を見ながら
      治療を進めていきます。

                    内臓の疲れ・婦人科のお悩み等
                   箕面 サンパーソナル治療院
                     お気軽にご相談ください。
Pocket

症例報告小児はり

2015年
1月7日

小児のX脚 O脚

今回は、以前に何件か相談を受けたので親御様向けの
簡単な子供の発育におけるX脚O脚についてのお話です。

最近では、世間でもX脚O脚矯正等をよく目にするせいか
子供の状態までそうでないかと思われる方が多いようです。

小児からの発育において、簡単に説明すると
生理的変形によるX脚O脚というものがあります。
0〜3歳位まではX脚
3〜6歳位まではO脚
だいたいですが、7歳以降自然な角度に形成されていきます。

ケースによっては病的な変形があるものもあるので安易に
見逃す事ができませんが、実際は生理的変形によるものが
大半であると言われます。
発育過程において改善されることが期待できるので、さほど
気にされる事はないかもしれません。
年齢的な部分からの異常や過剰な変形は検査も必要な場合も
ありますが。

すごく心配される方もおられますので子供の発育過程に
おいての簡単な知識があると少しは安心かもしれませんね。


小児はりは、症状に対してだけでなく元気な病気のしない子になる!
と、いう目的にも効果的です。
                  
            箕面 小児はり サンスマイルプロジェクト
                     〜子育てママを応援します〜
Pocket

婦人科系の症状症例報告

2014年
12月25日

冷え・月経不順・アトピー性皮膚炎

<患者>  30代  女性

<主訴>  #1 冷え
      #2 月経不順
      #3 アトピー性皮膚炎

<所見>  #1 昔から、常に手足(特に足首〜足先)に冷えを感じていた。
         上半身にほてりは感じない。
         
      #2 5年程前までは32日周期で規則的であったが、
         それ以降2・3ヶ月に1回となった。原因不明。
         経血量は5年前とほとんど変わらず、
         月経痛はそれほど感じない。
         とにかく不規則な月経のペースを整えたい。

      #3 発症は幼少期で、大人になって落ち着いていたが、
         最近また痒みが出だして、日中は痒くても
         掻かないように努力しているが、
         寝ている時に無意識に掻いてしまい
         朝起きると肌に赤みや傷跡ができている。
         ステロイド使用はなし。
         特に前頚部・肘部に発赤及び痂皮を認める。

      脈:虚・沈   舌:白苔・舌先に紅点・舌下静脈怒張
      墓穴診:中脘に圧痛

<見解>  腎陽虚として鍼灸治療を行った。
      さらにアトピー性皮膚炎には、脾経に鍼灸治療を行った。

      「腎」は生殖機能と深く関わっているため、
      「腎」の機能が低下すると、生殖能力に影響が出る。
      「腎」には「腎陰」と「腎陽」があり、
      ・「腎陰」は体を冷やす作用
      ・「腎陽」は体を温める作用     がある。

      この患者さんの場合は「腎陽」が虚する(少なくなる)ため、
      体を温める機能が低下し、体を冷やす「腎陰」が
      相対的に増えることで、冷えが起きた。
      さらに「腎陽」が低下すると諸臓器に影響を及ぼすため
      その結果血の生成が上手くいかず、
      月経血が作られなくなり月経が遅れる。

      アトピー性皮膚炎は2つの臓器「肺」と「脾」が重要で
      この2つは水分代謝に関わっている。
      今回治療に使った「脾」は食べ物から水分を吸収し、
      吸収した水分を体に巡らせ、皮膚や臓器に潤いを与えている。
      この働きが低下すると皮膚に潤いがなくなるため、乾燥し痒くなる。
      今回はローラー鍼(接触鍼)を使い経絡に刺激した。
      そして自宅では、ティースプーンをローラー鍼の代用として使い、
      同部位を刺激してもらった。

<治療2回目>
      冷えは感じるが前回の治療時よりも、だいぶ冷えの程度は
      軽減してきている。
      また、何よりも冷えが気にならない日が1日でも出来たことが
      嬉しいとおっしゃられていた。
      アトピー性皮膚炎は前頚部の赤みは
      あまり変化は見られなかったが、肘部の赤みは消失し、
      痂皮だけが残っていた。
      
      今後も継続して治療し、患者さんと話し合いながら
      健康増進のサポートが出来るようにしていきたいと思います。

                      内臓の疲れ・婦人科のお悩み等
                箕面 サンパーソナル治療院
                       お気軽にご相談ください。
Pocket

首・肩・腕・背中の疲れ症例報告

2014年
12月25日

肩の痛み

<患者> 50代 女性

<主訴> 肩の痛み

<所見> 肩の動作時痛と可動域の制限が見られ、整形外科に
     受診され五十肩と診断されたとの事。
     実際検査を行ったところ、特に五十肩と言われるような
     症状は診られなかった。
     自動運動時(自分で動かす)に少し痛みが出ており、
     他動運動時(他人に動かされる)には特に痛みが
     出ていなかった。
     
     呼吸が非常に浅く肋骨と横隔膜の動きが小さい為
     肩をすくめるような動きが顕著に見られた。
     その為、肩周りの筋肉の動きが制限され肩甲骨と上腕骨の
     動きの連動がうまく機能しにくくなっていた。

<施術> 今回は手技と運動療法にての施術を行う。
     上記のような所見が見られたので、まずは呼吸の改善から。
     やはり呼吸は人間の動作において関係性が高い。
     肋骨・横隔膜・骨盤底筋群・腹筋群の作動により腹腔内圧が
     高まり、体幹の安定性を獲得し動作に反映させる。
     呼吸の改善により、肩周囲の筋肉の動きを邪魔する因子が
     軽減する。
     その後、痛みをかばう動作が癖づいているのでその意識改善。
     他動運動から自動運動へ移行していき正しい筋肉・関節の
     使い方を意識的に行う。
     左右対称的な動きを行う事により、平衡がとれてくる。
     その結果、少し違和感は残るものの痛みがほぼ消失。
     しかし、癖づいた動きはすぐに解除されないので使い方が
     悪くなると再発しやすくなる。
     その為、ホームエクササイズを指導し正しい動きへの改善を
     促す。また、インナーの筋肉とアウターの筋肉の連動が必須に
     なるので、それは今後の課題になってきます。

     
     何でもかんでも、肩の痛みが五十肩と一般的にいわれるものでは
     ありません。放っとけば治ると思う方が多いようです。
     痛みを生じてから悪い状態の期間が長引くと、正常な動きが
     損なわれるため改善までに少し時間が必要になることが多いです。

     治療が必要か必要でないかの判断は難しい所ですが、早めの評価が
     大切だと思います。

                       肩こり・腰痛・関節痛等
                    箕面 サンパーソナル治療院
                       お気軽にご相談ください。
Pocket

婦人科系の症状症例報告足と腰の疲れ

2014年
12月20日

冷えからくる腰痛 No.2

<患者>      50代    女性

<主訴>      腰痛

<所見>      11月28日の記事の治療経過を報告します。
          
          この記事の後、3回治療を行った。
          腰痛の症状自体は軽減されているが、根本の原因である
          「冷え」の徴候がある。
          
          この患者さんは、毎朝布団から出るとすぐに足が冷え、
          それから1日中、足先が冷えていると初診時に話した。
          腰痛の症状に対する治療と、根本の冷えに対する治療を
          行うが、冷えの徴候が強くあまり効果が見られない。
          治療後、足先が温かくなるがその日の夜までしかもたない。
          
          治療の刺激量を少し変えて、治療を行った結果
          毎日朝から足先の冷えで苦しんでいたのが
          1週間ほど冷えがあまり気にならないとのこと。
          
          経過が良いとの事ですが、患者さんの意向もあり
          もう少し治療を続けていく方向へ。
          当院の方針、未病治が一番ですね。
          ここまで辛く悩んでいた冷えを少しでも改善し
          少しでも患者さんの悩む時間を減らせたということが
          治療家として、とても嬉しいことです!

          患者さんとしっかり話しながら、
          少しでも患者さんの力になれるように
          日々、進化していきます!

                       肩こり・腰痛・関節痛等
                箕面 サンパーソナル治療院
                       お気軽にご相談ください。
Pocket

«102030323334»

サンパーソナル治療院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.072-720-3838

お問い合わせフォーム

受付時間表

HOME当院について治療コース&料金ご利用者の声アクセスよくある質問お問い合わせFacebookサンパーソナルタイムズ

小児はりみのおママの学校
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府箕面市(千里中央)にある、痛みを徹底的に改善する鍼灸整骨院。

〒562-0012 大阪府箕面市白島2丁目28番2号メイプル白島
TEL:072-720-3838