サンパーソナルタイムズ

【 内臓の疲れ 】カテゴリーを表示

心の疲れ婦人科系の症状症例報告足と腰の疲れ内臓の疲れ

2016年
2月19日

月経痛

まだまだ、寒い気候が続きますね。

30代女性 月経痛 腰痛

近年、月経痛など婦人科症状でお悩みの方が本当に多いです。
冷えが多くの原因でもあります。
また、肝の働きが非常に弱くなってきます。

肝は、気や血の流れを調整しているので弱くなると
気と血のバランスが崩れてしまい月経に悪影響を及ぼします。

今回の症例は、鍼灸治療にて。
日常生活でも、ストレスや運動不足さまざまな背景が見られる。
精神的に疲れてくると肝には負担がかかってきますね。

時期的にも、お灸はとても心地よく心も身体も落ち着きます。
身体は全て繋がっているので、足先から治療を。

肝心の月経痛 腰痛には腰お尻周囲の経穴に灸頭鍼(きゅうとうしん)
本当に効果的です。
ちなみに、灸頭鍼とは刺した鍼の上にもぐさを乗せて燃やす!
一見、熱そうに感じますがとても心地の良い熱です。

今回の症例では、三診目以降月経痛がほぼ消失。
治療以前は、毎回痛み止めを飲まれていましたが。

このまま体質改善に努めます。





Pocket

心の疲れ首・肩・腕・背中の疲れ症例報告足と腰の疲れ内臓の疲れ

2016年
2月3日

ギックリ腰

今回の症例は30代の男性。主訴は腰痛(ギックリ腰)。

数日前より腰に違和感を覚え始めた。
以前にもギックリ腰のような症状があったと。

何かきっかけになる原因はよくわからないとのことであった。
とにかく前屈・後屈ともに痛みが強く立ち上がりの動作や
寝返りなど、動作においては痛みが強く出る。

痛みによって、顔色も悪く、表情もとても硬く暗い。
痛みは人間にとって大きなのストレスになります。

話を聞いていると、仕事での気の疲れや睡眠時間の問題。
その他、様々な背景が見えてきます。

脈診・舌診・動作・関節機能を確認していきます。

臓器では、肝の働きが悪くなっている様子。
動作では、座り癖や過重差。捻れ癖など。
腰以外にも、影響が出ており片方の肩があがりにくいなど。

治療は胸郭とお腹から。お腹の状態も左右差が。
今回は、仙腸関節にも問題があるので調整。
急性期は患部を触らない事が多いのですが。

これで寝返りが出来るようになってきたので、鍼灸で内臓の調整。
あとは、立ち上がりにも多少痛みや違和感は残るも動作が出来るようになってきた。
最後に、身体の使い方を指導し終了。

治療後
前屈・後屈も可能に。
肩はまったく問題なく改善。
身体は全て繋がっているので!

実際のところ、身体の使い方で症状は大幅に変化します。
実際患者様の多くは、正しい身体の使い方を知らない事が多いのです。
身体の使い方は、とても大切です。

また、東洋医学×西洋医学の対極的にみると改善はより早くなります。
五臓六腑の働きをを整え、動作・機能を改善ですね。







Pocket

心の疲れ首・肩・腕・背中の疲れ症例報告内臓の疲れ

2015年
6月24日

手のしびれ

<患者> 20代 女性

<主訴> 肩こり 両手のしびれ 

<所見> 3ヶ月前から、肩こりが強くなり徐々に手のしびれを
     感じるようになってきた。
     整体やマッサージに行ったが施術後に症状がいつも悪化
     するとのこと。とにかくしびれと肩こりを改善したいと
     当院に来院。

<施術> 各検査を行う。肋鎖症候群の検査で陽性。ただ、これは結果。
     呼吸の乱れ、胸郭の状態・動きの低下、前腕の動きの制限など
     様々な部分での機能低下が見られます。
     症状の改善はもちろんですが、話を聞いて、原因を探っていく。
     症状の奥には様々な原因があるので、症状にフォーカス
     せずに原因追求に力をいれます。
     
     呼吸改善、前腕、胸郭、鎖骨、足首へのアプローチを行う。
     しびれに関しては、2回目の治療後消失した。
     ご本人の治療に対する行動や、改善したい想いも強いので
     より効果が高かったと思う。
     呼吸の乱れや胸郭の問題には自律神経の影響も大きい。
     人間の治そうとする力の方向性が定まれば改善を早める。
     今後の、体の改善点等を指導しつつ治療を行っていく。
     
                   肩こり・しびれ・関節痛等
                  箕面 サンパーソナル治療院
                    お気軽にご相談下さい。
Pocket

症例報告足と腰の疲れ内臓の疲れ

2015年
2月17日

便秘 症例2

<患者>   40代  女性

<主訴>   便秘

<所見>   30代後半から約1週間程、便が出ないことが続き、
       近隣の病院に受診。しかし、腸管が狭くなるなどの
       器質的な異常は見られなかった。
       同時期に、市販の下剤を服用しはじめた。
       下剤を服用すると約7時間程で便意が起こる。
       現在は2日・3日に1回ペースで下剤を服用している。
       下剤を服用していない日に便は出ず、その際腹部に張りは感じない。
   
       脈:沈  舌:淡   下腹部に冷感 

<治療>   下剤を飲まずして排便を行いたいとの希望により、
       鍼灸治療を行った。
       
       器質的な異常(例えば、大腸がん・子宮筋腫などによる圧迫、
       もしくは腸管の炎症による腸管の狭窄など)があれば専門医の
       治療が必要となります。
       今回の患者さんは機能的(大腸の蠕動運動の低下)によるもの
       であったため、鍼灸治療を行いました。
      
       この患者さんは下腹部に冷感があり、さらに四肢にも冷えが強い。
       四診を行い、冷えが大きな原因と判断。
       冷えが腹部の気の流れを滞らせてしまうことにより、
       エネルギーの流れ(気の流れ)が悪くなるため、
       大腸の蠕動運動(便を直腸の方に運ぶ運動のこと)を
       低下させてしまい便秘となっていました。

       この患者さんは何年も下剤を服用しているため、
       すぐに改善とまではいきませんが、
       出来るだけ自分の力で排泄出来るように
       改善しなければなりません。まさに、体質改善ですね。
       

                        内臓の疲れ・冷え性等
                箕面 サンパーソナル治療院
                        お気軽にご相談ください。
Pocket

婦人科系の症状症例報告内臓の疲れ

2015年
2月10日

冷え症

<患者>  50代  女性  事務職

<主訴>  四肢末端の冷え

<所見>  四季を問わずして、手指と足首から足先にかけての冷えを
      常に感じている。暖房のかかっている部屋でも、
      なかなか温まらず、温かくなるのは入浴後の一時のみとのこと。
      そのため、入浴後、少し経過してから布団に入ると、
      手足が冷たくて寝付きに時間がかかることが悩み。
      温めると心地よく、カイロを離すことができない。
      鍼灸治療をすることにより
      冷えが軽減されるのであればなんとかしたいと来院。

      平熱:平均36.0
      睡眠:平均5時間
      二便:便 1回/日、尿 6回/日
      食欲:3食/日  しかし最近、食べられる量が少なくなっている。

      脈:沈 弱  舌:淡舌  

<治療>  「脾陽虚証」として鍼灸治療を行いました。
      「陽虚」とは体を温める温煦作用(おんく)が低下することで
      冷えを感じやすくなってしまいます。
      「脾」は食べ物を消化吸収し、体に必要なエネルギーである
      【気血】を作り出す場所であるため、そもそも食べる量が少ないと
      気血の量が減ってしまいます。
      今回の患者さんは脾の気の量が低下し、
      それにより脾の陽気が不足してしまったたために起こった冷え症です。
      
      脾の機能を高める治療を継続して行った結果、
      治療開始当初は小皿に少量しか食べられなかった白ご飯の量が
      茶碗1杯ほど食べられるようになりました。
      主訴であった冷えは冷気で冷たくはなるけど、
      温かい部屋に入ると手先足先ともに温かくなるようになりました。

      冷えは女性には多いため、体調や女性特有の悩みにも原因として
      繋がっている場合があります。
      冷え以外の症状が出てしまってからでは改善するための時間も
      かかってしまうため、早めの治療をお勧めします。

                       
                       不妊・生理痛・冷え症等
                     箕面 サンパーソナル治療院
                       お気軽にご相談ください。
Pocket

123

サンパーソナル治療院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.072-720-3838

お問い合わせフォーム

受付時間表

HOME当院について治療コース&料金ご利用者の声アクセスよくある質問お問い合わせFacebookサンパーソナルタイムズ

小児はりみのおママの学校
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府箕面市(千里中央)にある、痛みを徹底的に改善する鍼灸整骨院。

〒562-0012 大阪府箕面市白島2丁目28番2号メイプル白島
TEL:072-720-3838