肩・首の痛みとコリ、全身の嫌悪感で来院された、患者様からの声をご紹介します

  • TEL.072-720-3838
  • お問い合わせフォーム

サンパーソナルタイムズ

  • ホーム
  • サンパーソナルタイムズ
首・肩・腕・背中の疲れご利用者の声

2017年
7月12日

肩・首の痛みとコリ、全身の嫌悪感で来院された、患者様からの声をご紹介します

■はじめて来院されたきっかけは?
事故で動かなかった弟の首を、動く様にしてくださったので。

 

■どんなことでお悩みでしたか?
肩と首の痛みとコリ。全身の嫌悪感。

 

■初めて治療を受けられる前の期待や不安は?
長年の病院や整骨院通いでも、悩みを払拭できずに居たので、もしかしたらスッキリ
感を味わえるかも、という期待と、どの様な治療法で、痛みを伴わないだろうか、
先生の性格も不安でした。

 

■実際に治療を受けてみてどうでしたか?
確実に楽に動ける事に喜んでおります。
一回一回通院を重ねる度に、自分の体の変化に気づき、心も体も楽になります。
確かに悪く戻る時もありますが、先生に相談する事で前進の中での痛みとわかったり、
興味深いです。

 

■来院を考えている方にメッセージを送るとしたら?
私も35年間痛みとコリに悩みました。
病院も整骨院もエステもありとあらゆる所に行きましたが、その場しのぎでした。
ここは、確実に悩みを根底より取り去って下さいます。
是非一度、おすすめ致します。

 

■この症状でお困りの方はこちらの施術メニューがおすすめです。
→鍼灸整体治療

 

N・N 様[鍼灸整体治療]

 

****************************************************
大阪箕面・豊中にお住まいの方で、鍼灸治療にご興味のある方は
サンパーソナル治療院(鍼灸院・整骨院)にご相談ください

◆Webサイト:http://www.sunpersonal.jp/
◆電話でのお問い合わせ:072-720-3838
◆メールでのお問い合わせ:http://www.sunpersonal.jp/contact/
◆営業時間:平日9:00~12:30・15:30~20:30
 ※水曜は午前のみ、土曜の午後は13:30~17:00
◆定休日:水曜午後・日曜・祝日
◆住所:〒562-0012 大阪府箕面市白島2丁目28番2号メイプル白島
 →アクセスはこちら
◆駐車場:無料駐車場が3台分ございます
****************************************************

Pocket

お役立ちコラム体調管理

2016年
9月30日

あなたの腰痛の原因は? セルフチェックしてみよう 箕面・豊中の整骨院のこり解消コラム

今回の整骨院こり解消コラムは?

今回からは「腰の痛み」についての連載です。
腰は上半身を支える要であり、それだけ負荷もかかりやすく、嫌みやすい箇所。
腰の痛みのメカニズムや解消・改善方法などについて箕面サンパーソナル治療院が詳しくお伝えします。

 

腰痛には分類がある

一口に腰が痛いと言っても、その痛みはさまざま。
程度・部位・状態で分類があり、程度は“急な痛み”と“慢性的な痛み”に分けられます。
痛みの部位は“腰のみ”が痛むのか、お尻や背中など“その他の箇所も痛むのか”、状態は“動くと痛む”のか“安静時にも痛む”のかに分けられます。

 

腰痛の原因をセルフチェック

また、腰痛の疾患にはいくつかの種類があります。
まずは症状から、ご自身の腰痛がどの疾患によるものなのかをセルフチェックしてみましょう。

 

症状①:腰が重い・痛む

■慢性腰痛

サンパーソナル治療院に腰痛で来院される患者さまのうち、多くの方は慢性腰痛です。
特に病気があるわけではないけれど、腰が痛いというケースで、原因が特定できない場合が多いです。
腰の辺りを動かしたときに、腰に重さを感じたり、鈍い痛みが現れたりするのが特徴で、安静にしていれば楽になります。
今後ご紹介するストレッチや筋力トレーニングで症状の改善が見込めます。
日常生活では、腰に負担をかけない姿勢を取るよう心掛けましょう。

 

■脊椎分離症

腰への負担がたまり、疲労骨折を起こして脊椎の骨と骨の間が離れてしまうのがこの疾患です。
かつてスポーツをしていた人に多く見られます。長時間同じ姿勢を取り続けると痛みが出ます。

 

症状②:腰に激しい痛みがある

■ぎっくり腰(急性腰痛)

腰痛の中でもメジャーな疾患ですよね。
腰を曲げたまま重い物を持ち上げるなど、腰に急な負担がかかることで発症し、動けないほどの激痛が走ります。

 

■骨粗しよう症

骨密度が下がり、圧迫骨折を起こし、腰から背中にかけて痛みが出る疾患です。

 

症状③:腰からふくらはぎにかけて痛み、しびれを伴う

■腰椎椎間板ヘルニア

腰にある軟骨、椎間板の中にある髄核が押し出されて神経を刺激し、腰が痛み、ふくらはぎがしびれます。
主に30~ 50代で発症し、高齢者に起こるのは稀です。2~3日の安静が必要です。

 

■脊椎すべり症

脊椎が前方または後方にずれ、腰痛と足にしびれや痛みが現れます。
脊椎分離症から移行して発症する場合もあります。腰を固定する装具や薬を用いて治療するか、症状によっては手術を行います。

 

■脊桂管狭窄症

脊柱管が細くなり、中を通る神経束や血管などが圧迫され、痛みやしびれが出ます。
先天的に脊柱管が狭い人が、加齢による脊椎の老化で発症する場合が多いです。

 

症状④:起床時や疲れたときに痛む

■変形性脊椎症

脊椎が加齢により老化し、椎間板や骨などの組織が変形して腰が痛むようになります。
動作の開始時に痛み、起床時や疲れたときに痛みが強くなる傾向にあります。

 

****************************************************
大阪箕面・豊中にお住まいの方で、鍼灸治療にご興味のある方は
サンパーソナル治療院(鍼灸院・整骨院)にご相談ください

◆Webサイト:http://www.sunpersonal.jp/
◆電話でのお問い合わせ:072-720-3838
◆メールでのお問い合わせ:http://www.sunpersonal.jp/contact/
◆営業時間:平日9:00~12:30・15:30~20:30
 ※水曜は午前のみ、土曜の午後は13:30~17:00
◆定休日:水曜午後・日曜・祝日
◆住所:〒562-0012 大阪府箕面市白島2丁目28番2号メイプル白島
 →アクセスはこちら
◆駐車場:無料駐車場が3台分ございます
****************************************************

Pocket

お役立ちコラム体調管理

2016年
9月30日

半月板損傷と靭帯断裂の原因と予防トレーニング 箕面・豊中の整骨院のこり解消コラム

今回の整骨院こり解消コラムは?

スポーツ選手に多い、半月板損傷や靭帯断裂などのひざの障害は、どうして起こるのでしょうか。
また、その予防法とは。
箕面サンパーソナル治療院が解説します。

 

半月板損傷の症状と原因

半月板が断裂し、腫れや痛みが起こったり、ひざの曲げ伸ばしができなくなったりするのが半月板損傷です。
半月板はひざ関節の軟骨で、すねの脛骨とひざの大腿骨との間に位置し、運動によるひざへの衝撃を吸収し、関節を安定させるクッションの働きをしています。

 

外傷、または加齢により発症しますが、外傷によるケースの方が圧倒的に多いです。
運動でひざを酷使したり、ぶつけて強い衝撃がかかったりするのが外傷の主な原因で、どちらかと言えば、若い人に多い障害です。

 

一方、加齢による半月板の損傷は、長年ひざを酷使し続けた結果、半月板が切れてしまい起こります。
長い時間をかけて擦り切れるため、痛みもじわじわと現れるのが特徴です。

 

半月板損傷の治療

安静にして損傷の修復を待つのが基本です。修復したら、リハビリテーションを開始し、機能回復を目指します。

 

靭帯断裂とは

靭帯は骨同士をつなぐための組織で、十字靭帯はひざの前後に1本ずつあり、安定して立てるよう支える役割を持ちます。
十字靭帯は丈夫なのですが、運動などでひざに強い衝撃が加わると、断裂する場合が稀にあります。

 

靭帯断裂の治療

半月板損傷と同様、安静にしてまずは損傷の修復を促し、その後リハビリテーションを行います。
また断裂の箇所や程度によっては、手術を行う必要があります。

 

ジャンパーひざ

外傷によるひざの疾患には、この他にジャンパーひざがあります。
飛び跳ねた際に大腿四 頭筋が傷付き、ひざ全体やお皿の下が痛みます。
安静にして回復を待ち、リハビリテーションを行うのが治療方法です。

 

半月板損傷・靭帯断裂予防トレーニング

半月板損傷と靭帯断裂の予防には、太ももの筋肉である大腿四頭筋を鍛え、ひざへの負担を軽減すると良いです。
毎日、両足各10回を目安に実践しましょう。

 

①背筋を伸ばして立ったら、両手を腰にあてます。
②一方の足を大きく一歩前に踏み出し、腰を落とすようゆっくりひざを曲げていきます。
③もとの姿勢に戻したら、今度は逆側の足を踏み出し、ひざを曲げます。

 

▼関連ページはこちら

 

****************************************************
大阪箕面・豊中にお住まいの方で、鍼灸治療にご興味のある方は
サンパーソナル治療院(鍼灸院・整骨院)にご相談ください

◆Webサイト:http://www.sunpersonal.jp/
◆電話でのお問い合わせ:072-720-3838
◆メールでのお問い合わせ:http://www.sunpersonal.jp/contact/
◆営業時間:平日9:00~12:30・15:30~20:30
 ※水曜は午前のみ、土曜の午後は13:30~17:00
◆定休日:水曜午後・日曜・祝日
◆住所:〒562-0012 大阪府箕面市白島2丁目28番2号メイプル白島
 →アクセスはこちら
◆駐車場:無料駐車場が3台分ございます
****************************************************

Pocket

お役立ちコラム体調管理

2016年
9月30日

関節リウマチの治療法と改善のためのストレッチ 箕面・豊中の整骨院のこり解消コラム

今回の整骨院こり解消コラムは?

国内の患者数が70万人に上るともいわれる関節リウマチ。
女性の病気として知られますが、全体の約2割は男性が占めます。
関節リウマチとはどのような病気なのでしょうか。
治療法や運動療法について、箕面サンパーソナル治療院がお伝えします。

 

関節リウマチとは

関節リウマチとは、免疫の異常で関節が炎症を起こし、関節が変形する病気です。
正常であれば免疫は、ウィルスなど体にとって敵になるものの体内への侵入を守る役割りを果たします。
しかしシステムに異常が起こると、誤って自分自身の関節組織を攻撃、破壊してしまいます。
そうして関節に炎症が起こりるのが、関節リウマチです。

 

関節リウマチの症状

症状は、手足の指がスムーズに動かなくなることから始まり、やがて全身の関節が変形し、痛むようになります。
関節リウマチは全身の関節に発症するケースが多く、例えば、ひざ関節の場合、安静にしていても痛み続けるのが特徴です。

 

主な治療法

関節リウマチの治療は、投薬や手術のほか、運動療法や温熱療法などを組み合わせて進められます。
これらの治療により、関節の炎症を抑えて痛みを軽くし、関節の可動域を広げていきます。

 

生活をする上では、関節に負担をかけないように注意するのが大切です。また、ストレッチで関節を柔軟にして必要な筋力を鍛えることは、痛みの軽減につながります。無理のない程度で、次のストレッチと筋力トレーニングを実施しましょう。

 

関節リウマチ改善ストレッチ・筋力トレーニング

ひざの関節を柔軟にして可動域を広げるストレッチ

①椅子に座り、姿勢を正します。
②足が真っすぐになる高さまで、ひざから下を持ち上げたら、元に戻します。

※各足10~20回行う

 

股関節を柔軟にして可動域を広げるストレッチ

①椅子に座り、姿勢を正します。
②ひざを曲げたまま、太ももをぐっと持ち上げます。

※各足10~20回行う

 

内転筋の筋力トレーニング

①仰向けに寝ます。
②両ひざの間にタオルを挟み、両ひざを閉じるよう、タオルを押し付けます。

※10~20回行う

 

大腿四頭筋の筋力トレーニング

①仰向けに寝ます。
②方ひざの下にタオルを挟み、床の方向にタオルを押し付けます。

※各ひざ10~20回行う

 

関節リウマチの診断基準

米リウマチ学会の診断基準によれば、次の7項目のうち、4つ以上に該当した場合「関節リウマチ」とされます。
セルフチェックの参考にしてみてくださいね。

 

①手首や手指の関節が腫れている
②合計3か所以上の関節に腫れが見られる
②関節の腫れが左右対称である
③朝1時間以上関節のこわばりが続く
⑤手のX線写真に異常所見がある
⑥皮下結節が見られる
⑦血液検査でリウマチ反応が陽性である

※ただし、①~④は6時間以上その状態が持続している場合


****************************************************
大阪箕面・豊中にお住まいの方で、鍼灸治療にご興味のある方は
サンパーソナル治療院(鍼灸院・整骨院)にご相談ください

◆Webサイト:http://www.sunpersonal.jp/
◆電話でのお問い合わせ:072-720-3838
◆メールでのお問い合わせ:http://www.sunpersonal.jp/contact/
◆営業時間:平日9:00~12:30・15:30~20:30
 ※水曜は午前のみ、土曜の午後は13:30~17:00
◆定休日:水曜午後・日曜・祝日
◆住所:〒562-0012 大阪府箕面市白島2丁目28番2号メイプル白島
 →アクセスはこちら
◆駐車場:無料駐車場が3台分ございます
****************************************************

Pocket

お役立ちコラム体調管理

2016年
4月30日

大阪府箕面市の鍼灸整骨院の「こり」解消コラム ストレッチを始める前に

肩こり、腰痛は大阪箕面市サンパーソナル治療院へ

ストレッチを行う際の注意点

ストレッチは慢性的な肩・腰・膝のこりの改善や、骨粗しょう症の症状を和らげるためにとても効果的です。以下の注意点を守りながら、正しくストレッチを始めましょう。

 

注意1:体の状態に合ったストレッチを行いましょう

ストレッチ(運動療法)には、次の3種類があります。体の状態に合わせて取り組むようにしてください。

 

①こった部分を動かすことで、緊張し固まっていた関節や筋肉をほぐし、関節を動かすことのできる範囲、可動域を正常に近づけます。簡単な運動です。急性期を過ぎれば開始するようにします(詳しいストレッチの方法については今後のコラムでお話ししていきます)。

 

②衰えた筋肉やその他の機能を回復するためのストレッチです。痛みが完全になくなってから開始します(こちらについても、詳しいやり方を今後コラムでご紹介していきます)。

 

③予防再発防止のためのトレーニングで、さらに筋力を付け、関節に掛かる余計な負担を軽減します。老化防止にも効果的です。ウォーキングや水泳などの有酸素運動がこれにあたります。適度に有酸素運動を行うようにすると、丈夫な体を作ることができます。

 

注意2:無理は厳禁です

ストレッチを行う際には、無理をしないで、初めの頃はゆっくりと行うようにすることが大事です。慣れてきたら、徐々に速度を上げるようにしましょう。もしも痛みが増すようなことがあれば、すぐに中断するように。

 

注意3:毎日こつこつとが大切

ストレッチはどれも簡単なものばかりですが、単調なので飽きやすいので、続けることが難くもあります。また、効果がすぐには現れないために無意味と感じ、途中で止めてしまう人もいます。ストレッチは習慣的に取り組むことが肝心です。できる運動だけで良いので毎日こつこつ続けるようにし、また症状が軽くなっても止めてしまわないようにしましょう。

 

注意4:主治医に相談を

病院に通っている場合には、主治医に相談しながらストレッチを行うと安心です。体の具合を見て、アドバイスをもらえるでしょう。もし通院していない場合には、ストレッチの効果を自分でチェックするように。体の様子をしっかり観察し、痛みの症状が悪化していないか常に気をつけておくようにしましょう。

 

****************************************************
大阪箕面・千里中央にお住まいの方で、鍼灸治療にご興味のある方は
サンパーソナル治療院(鍼灸院・整骨院)にご相談ください

◆Webサイト:http://www.sunpersonal.jp/
◆電話でのお問い合わせ:072-720-3838
◆メールでのお問い合わせ:http://www.sunpersonal.jp/contact/
◆営業時間:平日9:00~12:30・15:30~20:30
 ※水曜は午前のみ、土曜の午後は13:30~17:00
◆定休日:水曜午後・日曜・祝日
◆住所:〒562-0012 大阪府箕面市白島2丁目28番2号メイプル白島
 →アクセスはこちら
◆駐車場:無料駐車場が3台分ございます
****************************************************



▼役に立ったと思ったら、シェアしていただけますと嬉しいです♪

Pocket

123»

サンパーソナル治療院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.072-720-3838

お問い合わせフォーム

受付時間表

HOME当院について治療コース&料金ご利用者の声アクセスよくある質問お問い合わせFacebookサンパーソナルタイムズ

小児はりみのおママの学校
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府箕面市(千里中央)にある、痛みを徹底的に改善する鍼灸整骨院。

〒562-0012 大阪府箕面市白島2丁目28番2号メイプル白島
TEL:072-720-3838