サンパーソナルタイムズ

【 症状辞典 】カテゴリーを表示

症状辞典

2015年
6月9日

四十肩 五十肩

四十肩・五十肩は名前のとおり、40歳代、50歳代に多く発症します。
腕を挙げると痛みがあり、その痛みや関節の機能異常のため動きの
制限がでてきます。肩関節は上腕骨、肩甲骨、鎖骨の3つの骨で支えられ、
肩を大きく動かす必要があるために、構造的に不安定なところを
靭帯や筋肉が強度を高めています。
筋肉による痛みは筋肉の損傷や血行不良などにより起こりますが、
四十肩・五十肩は肩の関節に炎症が起こり、組織の癒着などが原因となって
起こります。そのため、医学的には「肩関節周囲炎」といわれます。

四十肩 五十肩は治療をしなくても痛みが無くなるケースもありますが、
1年前後痛みが続くことも多く見られます。
また、放置しておくと肩の運動障害は完全には戻りませんので、
適切な治療が必要になります。

・四十肩・五十肩の症状
主に肩をあげるときにズキッと痛む、肩があげられない
といった症状ですが段階により症状が変わってきます。
基本的には急性期→慢性期→回復期といった順序で移行していきます。
急性期は炎症が強い為、痛みが非常に強い時期となります。
慢性期にはいると、炎症は治まり痛みも少しずつ改善します。 動きがなければ、
痛みは強く出ませんが、範囲以上の動きに対しては痛みが発症します。
その為、運動制限がかかり周囲の筋肉などが非常に緊張してしまいます。
回復期に入ると、可動域・痛みの軽減がみられますが運動制限が残ることが多い。

治療
急性期では炎症が起きているため、炎症を抑えることが一番の目的になります。
そのため、過剰に肩を動かすような治療は控え、体全体のバランス・循環を
改善していくことが大切です。
時期のより、肩の拘縮・癒着(組織が固まったり、くっ付いている状態)が起きます。
その結果、運動制限が起こるので、拘縮・癒着をとるために積極的に動かすことが
必要なことがあります。四十肩・五十肩の改善には時間がかかります。
根気よく治療を重ねることが大切になります。
早い段階での治療をお勧めします。
Pocket

症状辞典

2015年
5月15日

腰痛

腰痛  
腰痛は日本人の8割以上が生涯において経験していると言われてます。
腰痛には様々な種類が存在しています。
整形外科的な診断でよく言われる疾患としては、
椎間板ヘルニア・脊椎分離すべり症・腰部脊柱感狭窄症などが挙げられます。
実際のところでは、レントゲン上では異常がないものが大半を占めています。
症状としては下記のような物が挙げられます。

・急性腰痛(ギックリ腰)
前屈みになった時、後ろに反り返った時、体を捻った時等に急激に始まる腰痛です。
歩行困難、寝返りが出来ない、立てない、 などの症状が出ます。
また、少しの痛みから徐々に痛みが強くなるパターンもあります。
炎症が強く、安静が必要になります。
また、二次的な痛みを引き起こすことも多々あります。

慢性腰痛
慢性に腰が痛い、突っ張る、怠さや重さを感じる症状。
定期的に痛みが出たりすることもある。
多くは、不良姿勢、筋肉の硬さ、柔軟性の低下、内臓異常などの影響が
大きいと言われています。
このような症状では、循環不良や関節機能異常が多くみられます。

どちらにしても、痛みに関しては早い段階での治療が必要になってきます。
痛みが続けば、腰痛以外の症状も次々に現れることもあります。

Pocket

サンパーソナル治療院

どんなことでもお気軽にご相談ください。 TEL.072-720-3838

お問い合わせフォーム

受付時間表

HOME当院について治療コース&料金ご利用者の声アクセスよくある質問お問い合わせFacebookInstagramサンパーソナルタイムズ

小児はりみのおママの学校
このエントリーをはてなブックマークに追加

大阪府箕面市(千里中央)にある、痛みを徹底的に改善する鍼灸整骨院。

〒562-0012 大阪府箕面市白島2丁目28番2号メイプル白島
TEL:072-720-3838